ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの歴史!アメリカで誕生した?日本はいつから

“ウォーターサーバーオタクパパ”
“ウォーターサーバーオタクパパ”
現在では、オフィスや店舗だけではなく一般家庭にまでウォーターサーバーが普及しています。
そんなウォーターサーバーの歴史については、知らない方が多いと思います。
今回はウォーターサーバーの歴史についてウォーターサーバー博士に聞いてみようと思います。

ウォーターサーバーの歴史

 

“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
では。ウォーターサーバーの歴史について紹介していくぞい
“ウォーターサーバーオタクパパ”
“ウォーターサーバーオタクパパ”
ウォーターサーバーが誕生した国はどこなんですか?
“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
ウォーターサーバーはアメリカで誕生したのじゃ。

1910年代のアメリカでろ過装置付きのウォーターサーバーが誕生した。
当時、アメリカ南西部は乾燥した気候で雨が少なく、水を確保するために遠方の地から運んできていたが、違う手段で水を確保できないかと考えたすえに生まれたのが、「ろ過装置がついた給水機」です。
この給水機がウォーターサーバーの始まりとされています。
この装置が開発されたことによってから、手軽に水を確保できるようになり水不足の地域を中心にアメリカで広がっていきました。
1930年代に入るとウォーターサーバーのような水を運ぶシステムが水道水の確保が難しい地域を中心に盛んになっていき始めたというわけです。

“ウォーターサーバーオタクパパ”
“ウォーターサーバーオタクパパ”
ウォーターサーバーが誕生した国はアメリカだったんですね。

ウォーターサーバーが日本に入ってきたのはいつから?

“ウォーターサーバーオタクパパ”
“ウォーターサーバーオタクパパ”
ウォーターサーバーが生まれた国がアメリカというのは分かりましたが、日本にウォーターサーバーがやってきたのはいつ頃なんですか?
“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
日本では1980年代に入ってからじゃ。

1930年代には既にウォータービジネスが一般化されていたアメリカに比べて、
日本で広まるのに時間がかかった理由には日本の豊かな水資源が関係しています。
日本は、アメリカとは違い、雨が降りやすくて山林や川も多く、土を掘れば水が湧き出て井戸が作られていたため、
水の確保に困ることがなかったのです。

“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
水に困っていなかった日本であったが水道水の安全性を疑う事案が発生したのじゃ。

1950年〜1970年代に発生したや「イタイイタイ病」や「水俣病」、「四日市ぜんそく」などの公害病が問題となり、
水道水に対する安全性が疑われるようになりました。
さらに、このころは日本の高度成長期の好景気によって、人々の健康志向も高まって安全でおいしい水にお金がかけられることが多くなっていきます。
このような背景から日本でもウォーターサーバーの認知が徐々に広まっていき、1980年代になってから導入されるようになりました。

“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
1980年代最初の頃は会社や一部の富裕層のみがウォーターサーバーを導入していたのじゃ。

ウォーターサーバーが日本に広まったのはいつから?なぜ?

“ウォーターサーバーオタクパパ”
“ウォーターサーバーオタクパパ”
私のような一般家庭にウォーターサーバーが広がった背景など教えてください。
“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
1994年に起きた「渇水」がきっかけでミネラルウォーターが広がったことがウォーターサーバーが一般家庭に普及した理由じゃ。

1994年に起きた「渇水」で一般人に「ミネラルウォーター」が広がりました。
北九州から関東地方にかけて、猛暑による深刻な水不足が続きました。多くの地域では給水制限が行われ、家庭や店に多大な影響が出ました。
このとき人々が手を伸ばしたのがミネラルウォーターでした。
節水が叫ばれる中、お金がかかるけれども自分の采配で使えるミネラルウォーターに注目が集まりました。

“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
ウォーターサーバーは、アメリカで誕生し1980年代から日本でウォーターサーバーやってきて現在に至るんじゃ。今では多くの一般家庭に普及しているウォーターサーバーの歴史について紹介したことをしっかり覚えておくんじゃ。
“ウォーターサーバーオタクパパ”
“ウォーターサーバーオタクパパ”
現在では価格帯や機能面など様々なブランドからウォーターサーバーは発売されており導入しやすくなっていますので、ご自宅への導入をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
赤ちゃんはもちろん、ご家族全員が安心安全な美味しいお水を毎日飲んで、イキイキとした生活を送ってみませんか。