ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水は汚い?衛生面は大丈夫なのか?

“ウォーターサーバーオタクパパ”
“ウォーターサーバーオタクパパ”
ウォーターサーバーの衛生面って気になりますよね?
赤ちゃんが飲むとなると余計に気になりますよね。
今回はウォーターサーバーの衛生面についてご紹介していきます。

ウォーターサーバーのお水は本当に清潔なのか?

ウォーターサーバーのお水自体は清潔で安心して飲めるお水をメーカーが届けてくれてますので安心してください。

ただウォーターサーバーのお水は水道水と違い雑菌が繁殖してしまう可能性があることは事実です。
衛生面に気をつけないといけない部分がありますので、雑菌が繁殖してしまう原因などもふまえて説明していきます。

ウォーターサーバーの衛生面のメンテナス具合によっては雑菌が繁殖する?

“ウォーターサーバーオタクパパ”
“ウォーターサーバーオタクパパ”
ウォーターサーバーに雑菌が繁殖してしまう理由が4つあります。

ウォーターサーバーのお水には塩素が含まれていない

ウォーターサーバーのお水は基本的には天然水です。
その天然水を採水地から工場に運び、ボトル詰め加熱処理などの殺菌処理を行います。
水道水には、衛星的に保つために塩素が含まれているのため、傷みにくい水ですが、ウォーターサーバーのお水は塩素消毒は行っていないため、水道水より傷みやすいです。
そのため雑菌が繁殖してしまう可能性が水道水より高いです。

ボトル差し込み口が不衛生

ウォーターサーバーのボトルを差し込む部分に水が溜まっていたり、汚れが付着していたりすると、雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

汚れた空気がボトル内に侵入してしまう

ウォーターサーバーの貯水ボトルは様々あります。
ボトルの種類によっては、水を飲むたびに貯水ボトル内に空気が入り込むタイプがあります。

空気の中にはたくさんの雑菌があります。
その空気中に含まれて雑菌がボトル内に含まれてしまい、そのままタンク内に侵入してしまうことで、塩素の含まれていないウォーターサーバーの水は時間が経つにつれてどんどん腐敗してしまいます。

給水口から雑菌が侵入

ウォーターサーバーのお水を注ぐ箇所からの雑菌の侵入の可能性があります。
先ほどもお伝えしました通り、空気の中にはたくさんの雑菌が混ざっています。

ウォーターサーバーの給水口はどうしても、空気に触れてしまう設計になっているためそこから雑菌が入ってしまいウォーターサーバー内の水に侵入して腐敗を引き起こしてしまいます。
また水を注ぐ時に、給水口に手が触れてしまったりすることでも雑菌が侵入してしまいます。

“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
このような話を聞くとウォーターサーバーを検討、使用しようとしていた方は不安になってしまうかもしれん。だが安心するんじゃ。各メーカーともに衛生面に関しては細心の注意を払って対応しているじゃ。 

ウォーターサーバーの衛生面への対処について

ウォーターサーバー各社ともに定期メンテナンスの実施

ウォーターサーバーを導入するとウォーターサーバーを扱っている業者による定期メンテナンスの実施があります。
この定期メンテナンスは非常に重要で、ウォーターサーバーを安全に清潔に、衛星的に使うために必要ばことです。

ウォーターサーバーの内部にはお湯や水をためておくタンクがあります。このタンク内で水と温水、冷水にして我々が飲むときに適切な温度で飲めるようにしています。
こういった部分の掃除、手入れは私たちユーザーでは不可能ですので、こういった箇所を定期メンテナンスで綺麗にします。

“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
ほとんどのメーカー定期メンテナスは行っており、メーカーによっては本体毎ウォーターサーバーを交換してくれるところもあるんじゃ。

自身で手入れできる箇所はこまめにお手入れを

ウォーターサーバー毎にお手入れの方法が紹介されてます。
メーカーから指示されているお手入れを定期的に行うことも雑菌の侵入を防ぐことに大きく繋がりますので、しっかり行いましょう。

下記のような情報がメーカー公式サイトには掲載がありますので、そちらを参考にしながら対応しましょう。

プレミアムウォーターのお手入れ方法

STEP1:ボトル差し込み口の拭き取り
ウォーターサーバーのタイプとして、ボトルを本体上部に差し込むタイプが多いです。ボトルと本体の接合部にアルコール消毒スプレーを吹きかけ、布やキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。

STEP2:出水口のお手入れ
給水口は水と外気に触れる箇所です。
汚れてしまうと非常に雑菌が繁殖しやすい部分ですので、手入れは他の部分より頻繁に行うことをオススメします。
掃除は、アルコール消毒スプレーを吹きかけて拭き取る。または、綿棒などを使うと給水口の中の掃除がしやすいのでのでオススメです。

STEP3:水受け皿の清掃

受け皿は汚れがたまりやすいため、ここもまた雑菌が繁殖しやすい部分ですので、コーヒーやお茶などにお湯を注ぐときなどの、はね返りによって受け皿は汚れやすくなります。

受け皿は取り外すことができるので、おおむね1週間おきに取り外して食器用洗剤などで洗うことをオススメします。

ウォーターサーバーの各メーカーのメンテナンスについて

“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
ウォーターサーバーの各メーカー毎の定期メンテナスについて紹介していくぞ。

プレミアムウォーターのメンテナス

プレミアムウォーターは普段からお手入れをしていれば、安心して使うことができると公式サイトなどでも説明書きがされています。

内部が心配という方にはセルフクリーニングキットなども用意されています。

それでも心配という方には訪問クリーニングサービスも用意があります。

訪問クリーニングサービス

対応内容 専門スタッフによるウォーターサーバーの状態チェック
電解水による内部洗浄
ウォーターサーバー本体の清掃・ボトル差込口の清掃
冷温水コックの清掃
水受け皿の清掃
電源状態の確認
放熱板の清掃
料金 9130円(税込)

訪問クリーニングサービス・プラス

対応内容 専門スタッフによるウォーターサーバーの状態チェック
電解水による内部洗浄
ウォーターサーバー本体の清掃・ボトル差込口の清掃
冷温水コックの清掃
水受け皿の清掃
電源状態の確認
放熱板の清掃
料金 10,780円(税込)

 

フレシャスのメンテナス

新鮮でおいしい水を飲み続けて頂く為、簡単なセルフメンテナンスを推奨しています。

サーバーの衛星面が気になる方は定期的なウォーターサーバーの交換でフレシャスは対応しています。

ウォーターサーバー交換手数料

交換条件 料金
ご契約後、もしくは交換後1年未満でサーバーを交換 14,300円(税込)
ご契約後、もしくは交換後1年経過し2年未満でサーバーを交換 8,800円(税込)
ご契約後、もしくは交換後2年以上経過しサーバーを交換 5,500(税込)

 

アクアクララのメンテナス

アクアクララについても自身でのお手入れを行いながら、機種によってメンテナス頻度は異なりますが、定期メンテナスの実施があります。

定期メンテナスの内容は、分解したパーツごとの洗浄、傷んでいるパーツの交換、全体の除菌・洗浄を行い、動作に不具合がないかなどを確認になります。

■アクアアドバンス(UV除菌ランプ搭載):3年に1度
■アクアウィズ・アクアファブ・アクアスリム・アクアスリムS :1年に1度

定期メンテナス料金については、月々のあんしんサポート料に含まれています。

クリクラのメンテナス

アクアクララについても自身でのお手入れを行いながら、定期メンテナスの実施があります。

1年に1回ウォーターサーバーを回収してメンテナスが行われます。
メンテナンス費用については1回5.500円(税込)にかかります。

“ウォーサーバー博士”
“ウォーサーバー博士”
このようにウォーターサーバーの各メーカーによって料金や対応方法はバラバラじゃ。契約前にしっかり確認するんじゃ。
  • ウォーターサーバーは水道水と異なり塩素が含まれていない
  • 塩素が含まれていないため、ウォーターサーバー雑菌が入り繁殖してしまう場合がある。
  • 定期的にお手入れ、メンテナスを行うことで清潔で衛星的な状態を維持できる。